江東区 大島 内科 ビーハッピークリニック|お知らせ

お知らせ

重要‼️インフルエンザワクチン予約終了のお知らせ‼️(12月12日)
‼️不活化経皮下インフルエンザワクチンの入荷が12月11日に決定しましたので、予約開始を11日午前8時半から‼️再開とさせて頂きましたが、12日で終了とさせて頂きました。

次の入荷日は未定です。また、フルミストの予約は終了致しました。

経皮下ワクチンは11日夕刻に入荷の為、接種希望日は12日以降でお願い申し上げます。既予約者の予定変更はいつでもお受け致します。

今回の予約の受付は、‼️来院もしくは電話で11日午前8時半から先着順約75名程度‼️とさせて頂きます。8時半以前の来院もしくはお電話は朝の業務に支障を来しますので全てお断りさせて頂きますので、ご了承の程お願い申し上げます。尚、業務妨害と判断した方の予約は以後もお断りさせて頂く場合がございます。
更に繰り返しになりますが、E-PARKを使用した一方的な予約もしくは接種の希望には応じられませんのでご了承下さい。

再入荷随時予約を再開して参りますが、納入予定が立たなくなった時点で今年度のインフルエンザワクチン接種は終了とさせて頂きます。現在次回は未定です。当院では、インフルエンザワクチン接種は来年1月以降は行いません。

又、12月の土日のインフルエンザワクチン接種専門外来開設日は、16(日)23(日)の午後と15(土)22(土)の午前とさせて頂きます。こちらは予約者のみとなっております。

具体的には土曜日午前10時半から11時半受付までと日曜日午後13時から14時受付まで、インフルエンザワクチン接種専用外来を‼️予約者のみ‼️で行います。この時間帯は、ワクチン接種以外の保険診療は行いません。その為感染リスクや、待ち時間の心配は軽減されるものと考えます。但し、この時間帯は予約者が全員終了次第クローズさせて頂きます為、65歳以上の区民の方もご予約をお願い申し上げます。
重要‼️当院ご利用に関しまして❗️(2018年12月1日)
今後共2時間以上の待ち時間が生じることが予想される場合、平日、土日共受診者制限もしくは終了時間前の受け付け終了とさせて頂きます。誠に申し訳ございませんが、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

特に平日午後や土日に関しましては、早い時点で受付終了となってしまう場合が生じております。待合室に限りがある点と受診者の方同士の2次感染防止の為、また長時間待ち時間対策と近隣薬局の対応限界を考慮致しましてこの様な処置を取らせて頂いております。

特に高熱などの感染症が疑われる方は、土日に関しましては、内科小児科のみ西大島駅直結の西大島総合区民センター内の夜間休日診療所へのご利用も可能でございます。ご検討下さい。
ナラボネットの運用に関して(2018年12月1日)
混雑が予想される日(休診明けの日や土日など)は、今後予告なくナラボネットの運用によるネット順番予約を不可とさせて頂きます。ご不便をお掛け致しますが、ご了承の程宜しくお願い申し上げます。又、順番でお呼びした際外出等でご不在だった場合は一端キャンセル扱いとし、無条件でその時点での最後尾に移動となりますのでご注意願います。
12月の休診日などに関して(2018年12月1日)
12月の休診日は,7日.14日.21日の各金曜日と、1(土)8(土)9(日)と24(月祝日)とさせて頂きます。

尚、年内の診療は12月28日(金)までで、午前9時受付開始18時受付終了とさせて頂きます。今年も1年間ありがとうございました。来年も皆様にとって幸多き1年で有りますように

A behappy new year ❣️

来年も宜しくお願い申し上げます。

12月は、スギ花粉症の根本治療薬であるアレルゲン舌下免疫療法の開始可能な時期の最終月となっております。来年新規の方の開始時期は6月以降となります。例年症状のひどい方はお早めにご相談下さい。

年末年始の休診は、12月29日(土)から1月3日(木)までとさせて頂きます。新年は4日(金)からで、午前9時受付開始18時受付終了です。

また現在、平日午後も外来終了時間が21時前後の時があり、土日同様診療時間が長くなっております。その為平日も土日同様予想終了時間が受付終了時間の2時間を超えた時点で、受付時間内であっても受付終了とさせて頂きます。誠に申し訳ございませんが、ご理解ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

10月に迎えた開院4周年の感謝として、3ヶ月間の期間限定で土日の出張インフルエンザワクチン接種(10名様以上)と、昨年に引き続き外来でのインフルエンザワクチン接種のみの時間枠の創設を、現行の診療時間以外に行わせて頂きます。具体的には土曜日午前10時半から11時半受付までと日曜日午後13時から14時受付まで、インフルエンザワクチン接種専用外来を予約者のみで行います。この時間帯は、ワクチン接種以外の保険診療は行いません。この時間帯を含め土日の接種希望者は同月の1日以降に、同月のみの予約を受け付け開始する予定でしたが、現在ワクチン不足の為予約を一時的に中止させて頂いております。再入荷随時再開させて頂きます。

不活化経皮下ワクチンは、小学生以下のお子さんは2回接種する必要があります。開院時間内で看護師がいる時間なら予約なしで接種可能ですが、予約者には割引制度があり、更に平日に関しましては優先診療を行います。土日に関しましては、土曜午前と日曜午後にインフルエンザワクチン接種専用外来を設ける為、土曜午後と日曜午前の通常外来診療時間内に関しましては、優先診療は行わず、順番でのご案内になりますのでご注意願います。

6月21日(水)から始まった今年度江東区民健診(健康調査)は、予約制とさせて頂きます。平日7時~9時と13時~15時。土曜日午後終日。日曜日7時~9時。12月までは同日午前1名、午後1名まで。採血と尿検査があるため直前の食抜きが必要です。宜しくお願い申し上げます。

引き続きこの時期有用な医療用リップ(新色販売開始、アメリカ製)、医療用ハイドロキノンクリーム(国産)、医療用UVケアスティック(国産)、医療用制汗剤(デンマーク製)を販売中です。

今月のビーハッピー院内ベジタブルファームもどうぞお楽しみに。

また、江東区役所や出張所内で使用されている当院動画をユーチューブに貼り付けました。👈

尚、当院での取り扱いが出来ない状況に関してお知らせいたします。

当院では診察なしのお薬のみの処方は、現行の健診保険法や医療法では認められていない為、コンプライアンス遵守の点からも行っておりません。
労災は、扱っておりません。
クレジットカードでのお支払いのお取り扱いには対応しておりません。

①ピアス開け②いぼ、ホクロ取り③爪剥がれ④刺抜き⑤切開を必要とする処置:皮膚科専門医にご相談下さい。メスなど医療器具の持ち合わせがありません。

⑥尿閉による導尿⑦バルーン交換:主治医もしくは東京ERなど急患センターにご相談下さい。尿道カテーテルやブジーの持ち合わせがありません。

⑧止血を必要とする外傷やけが:外科もしくは東京ERなどにご相談下さい。止血縫合セットなどの持ち合わせがありません。

また、1歳未満の予防接種や乳幼児健診、7歳未満の採血(アレルギー検査など)や点滴治療は、現在行っておりません。

求人募集継続中:::医療法人社団ハッピーファースト ビーハッピークリニックの新操業に伴い有経験者のパート受付事務員の新規募集(能力時給1300円〜1800円、毎月見直し有り)、及び平日(月~木)の希望曜日の午後13時からの固定パートナース、土曜午後や日曜午前のみの希望ナース(時給2000円)を引き続き募集しております。原則中間手数料のかかる斡旋業者からの採用は行いませんので、ご希望者は直接当院院長、もしくは事務長にご連絡下さい。
‼️2018年10月6日(土)開院4周年となりました(2018年10月6日)‼️
おかげ様で多くの皆様に支えられ、開院4周年を10月6日に無事迎えることが出来ました。既に新患患者ID番号12,085名を超える方々にご受診頂きました。心から感謝御礼申し上げます。これからも1人でも多くの方のお役に立てますよう、皆が笑顔でビーハッピーとなれますよう、たゆまぬ努力と精進を積み重ねてまいりたいと思います。そしてこれからも又、いろいろな事に積極的に取り組んでまいりたいと思います。

10月に迎える開院4周年の感謝として、3ヶ月間の期間限定で土日の出張インフルエンザワクチン接種(10名様以上)と、昨年に引き続き外来でのインフルエンザワクチン接種のみの時間枠の創設を、現行の診療時間以外に行わせて頂きます。具体的には土曜日午前10時半から11時半受付までと日曜日午後13時から14時受付まで、インフルエンザワクチン接種専用外来を予約者のみで行います。この時間帯は、ワクチン接種以外の保険診療は行いません。その為感染リスクや、待ち時間の心配は軽減されるものと考えます。但し、この時間帯は予約者が全員終了次第クローズさせて頂きます為、通常予約が不要な65歳以上の区民の方もご予約をお願い申し上げます。
この時間帯を含め土日の接種希望者は同月の1日以降に、同月のみの予約を受け付け開始する予定でしたが、現在ワクチン不足に伴い予約を一時的に中止させて頂いております。再入荷随時再開予定。

又、今後金曜外来の代行医師による外来再開の予定(11月以降で診療時間は変更あり)準備中です。もうしばらくお待ち下さい。こちらも宜しくお願い申し上げます。
インフルエンザワクチンの予防接種に関して(2018年10月1日)
10月1日から接種開始のインフルエンザワクチン予防接種の予約を、9月1日より電話(診療時間内のみ)のみにて開始しておりました。今後も再入荷随時再開とさせて頂きます。土日希望者の予約も同月の1日以降可能としておりましたが、ワクチン不足に伴い現在予約を一時的に中止させて頂きます。今後共ワクチン不足が明らかとなった時点で、新たな予約の休止と事前予約者のみの優先接種とさせて頂きます。

今シーズンの予定入荷ワクチンが無くなり次第今年度のインフルエンザワクチン接種は終了とさせて頂きます。又、1月以降の予約は承れません。

一般診療予約システム(EPARK)での、ワクチン予約は無効とさせて頂きますのでご注意下さい。(EPARK)は通常の一般診療の予約としてお使いください。直接電話でのご予約のみ受け付けます。

また、注射不要の経鼻インフルエンザ生ワクチンを今年も数量限定で導入致します。(こちらは別途、詳細記入いたします。予約は9月15日からで電話予約のみ、10月17日で予約受付分完売)

通常の不活化経皮下ワクチンは、小学生以下のお子さんは、2回接種する必要があります。

前日までの予約の方は、税込み3000円です。前日までの予約なしで当日直接来院もしくはご希望の方は、税込み3500円です。同年度当院2回目の方は、税込み2000円です。

65歳以上の方は、区から届いた問診票をご記入頂きご持参頂ければ、そこに記入されている金額にて接種可能です。原則予約は必要ありませんが、ワクチンが手に入りにくくなっており予約された方が確実です。

当院では合計800名+α のワクチンを確保出来る見込みです。現在12月13日時点で666名接種済みました。
経鼻インフルエンザ生ワクチン(フルミスト)に関して(2018年10月1日)
フルミストは鼻に注入噴霧するタイプの経鼻インフルエンザ生ワクチンです。2003年にアメリカで、2011年にヨーロッパで承認されていますが、日本でフルミストは承認されていません。 今後数年後をめどに国内での開発を目指しています。

病原性の弱いウイルスをさらに低温馴化させた生ワクチンで、鼻に噴霧することで鼻腔粘膜で増殖し免疫を得ることができます。気管や肺など体の深部は体温が高いために増殖しにくく、インフルエンザに感染したときのような症状は出ないとされています。 海外での重大な副作用報告は現在までなされておりません。

メリット:鼻腔内に注入噴霧するため、注射針を使用する必要がない。
ワクチンと流行株が不一致でも軽症化してくれる。
有効期間が約1年と長い。

デメリット:年齢制限がある。(2-59歳)
米国CDCでは、昨年の予防効果がフルミストは不活化ワクチンに劣り、効果率50-60%程度であるという報告もありました。
日本では未承認ワクチンのため、健康被害が生じた場合は、厚生労働大臣の認定する予防接種健康被害救済制度は受けられません。

当院では、点鼻であるという接種の簡便性があることからフルミストを取り扱います。
しかしながら米での昨年実績では、予防効果率がやや劣るということで、注射針での接種が困難な方や、不活化ワクチンの効果が毎年得られにくい方、海外出張の多い方など、そのメリットをお考えいただいて予約をしていただければ、と考えております。

対象年齢;2歳以上59歳以下。

接種回数:8才以下で毎年インフルエンザワクチンを接種していない方は2回(一ヶ月間隔を開ける)。している方もしくは罹ってしまった方は1回。9歳以上は1回のみです。1回税込み6500円〜7000円です。当院で過去経鼻経験済みの方は割引適応。

禁忌:重度のアレルギー(卵・ゲンタマイシン・ゼラチン・アルギニン、その他当ワクチンの含有物質)のある方
小児期や思春期で長期アスピリン内服中の方
5歳未満で喘息のある方。1年以内に喘鳴を認めた方
妊娠中・授乳中の方
心疾患、肺疾患・喘息、肝疾患、糖尿病、貧血、神経系疾患、免疫不全などの慢性疾患をお持ちの方
造血幹細胞移植など、重度の免疫不全の方と接触する方
インフルエンザワクチン接種後にギランバレー症候群になった方
生ワクチン接種後4週間未満の方
その他、鼻炎・鼻閉のひどい方は接種できません。

予約は電話でのみ9月15日から受け付け致しました。10月17日で予約受付分一端終了致しました。昨年は10月3日時点で予約受付が終了しました。今年は昨年比1.6倍輸入量を確保致しました。今年は10月25日に納入されました。現在12月13日時点で58名に注入噴霧済みました。

ちなみに昨年度当院では、こちらを使用してインフルエンザを発症した方は1名もおりませんでした。
当院の予約と順番待ちに関して(2018年7月17日)
いつもご利用頂きありがとうございます。引き続き健診、各種検査、予防接種などの御予約は、開院時間内でのお電話にて承ります。

尚、電話での一般診察の予約はお受けしておりません。

一般診療予約システム(EPARK):こちらでワクチンの予約は出来ません。一般診療用としてお使い下さい。

当院の予約システムは、現在2種類ございます。

①一般診療予約システム(EPARK):翌日以降の一般診療の予約がとれます。ただし、混雑する時間帯は、予約が出来ません。遅くいらっしゃらない限り予定時間内にお呼びできるように努力致します。こちらでのワクチン接種の予約はご遠慮下さい。一方的にお申し出されてもお取り扱い出来かねますのでご了承下さい。

②当日のみの順番待ちを可能にするシステム(ナラボネット):当日のみの順番待ちが来院しなくても可能になります。但し、呼び出し時に不在の場合はお断りなく最後尾に移動させて頂きます。また混雑時には予告なくネット予約を中止させて頂く場合がございます。

これらに関しましては、以下を御参照下さい。

当日のみの順番待ちを可能にするシステム(ナラボネット)を運用開始致しました。順番を取るとおおよその順番までの待ち時間も表示されます。手渡されたQRコ-ドを携帯やスマホなどのバ-コ-ドリ-ダ-で読み取り、webサイトにアクセスして下さい。自宅に居ながらにして当日の当院の順番取りや順番の確認が可能になります。更にその専用ページをスマホや携帯のホーム画面に追加登録して頂きますと、次回からは簡単にご利用頂けます。
また、ホ-ムペ-ジ横にバナ-も張っています。その日のみ使えるインターネットでの仮予約が可能です。その後来院時に手渡されたQRコードを使用してホーム画面に再登録して下さい。運用時間は、当日の各部の診療開始30分後から終了30分前までですのでご注意下さい。当院は平日は3部制、土曜は2部制、日曜は1部制となっており、部をまたがっての順番は取れません。例えば平日午前中に夕方の順番を取ることは出来ません。患者番号入力時は、先頭に0をつけて5桁になるようにして下さい。1番なら00001となります。

事前に電話で予約が必要な検査、健診、予防接種の方は、ナラボネットを使用する必要はございません。又、来院前日までの一般診療予約システム(EPARK)で来院予約された方もナラボネットを使用する必要はございません

現在ホームページ上のバナーをクリックしてご利用いただいている一般診療予約システム(EPARK)ですが、これは優先的にお呼びするものではなく、予約時間内に可能な限り診察開始をさせて頂けるようにお取り計らいをするものです。当日朝の診療開始時間を過ぎますとその日の予約は出来なくなりますので、直接ご来院下さるか、ナラボネットで当日の順番取りをして頂きますようにお願い申し上げます。また、予約時間に遅れますとキャンセル扱いとさせて頂きます。
11月の休診日などに関して(2018年11月1日)
11月の休診日は,2日,9日,16日,23日(祝日),30日の各金曜日と、3(土,祝日),4(日),10(土)とさせて頂きます。また、7(水),27(火)は15時までの時短診療とさせて頂きます。ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い申し上げます。
10月の休診日などに関して(2018年10月1日)
10月の休診日は,5日,12日,19日,26日の各金曜日と、6(土),7(日),
8(月,体育の日),13(土)とさせて頂きます。ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い申し上げます。
9月の休診日などに関して(2018年9月1日)
9月の休診日は,7日,14日,21日,28日の各金曜日と更に、8日(土)9日(日)と17(月)と23(日)24(月)とさせて頂きます。ご不便をお掛け致しますが、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

インフルエンザにご注意を!!
この時期の南半球への出張もしくは旅行後に、本人もしくはその家族又はその知人が感染致します。帰国後もしくは帰国前から発熱を認めた方、もしくはそのようなご家族や知人が傍におられる方は、必ずその旨を診察時に御申告して頂きますようお願い申し上げます。

10月に迎える開院4周年の感謝として、今年は皆様にどのようなご恩返しが出来るか現在考えておりますが、金曜外来の代行医師による外来再開の予定(10月以降で診療時間は変更あり)と土曜午前と日曜午後の出張企業インフルエンザワクチン接種(10名以上の場合のみ)を優先し、予約がない時は、昨年同様院内で期間限定(10月〜12月のみ)で土日のインフルエンザワクチン接種のみの時間枠として追加致します。この時間帯は一般診療は行いませんのでご注意願います。具体的には10月1日以降になりますが、準備が整い次第正式に皆様にアナウンスさせて頂きます。同時に上記日時・条件で出張予防接種希望企業様がございましたら9月1日以降、電話でご予約たまわります。

尚、9月1日より今年度のインフルエンザワクチン予防接種の予約を、今年は電話(診療時間内のみ)のみにて開始致します。経鼻インフルエンザ生ワクチンの予約は、9月15日より電話のみにて承ります。
8月の休診日などに関して(2018年8月1日)
8月の休診日は,3日,10日,17日,24日,31日の各金曜日と4日(土),5日(日)の臨時休診と11日(土)祝日(山の日)と更に、13日(月)〜15日(水)の夏季休暇3日間とさせて頂きます。ご迷惑をお掛け致しますがご理解の程宜しくお願い申し上げます。
7月の休診日などに関して(2018年7月1日)
7月の休診日は,6日,13日,20日,27日の各金曜日と7日,14日の土曜日と8日の日曜日と16日の祝日(海の日)とさせて頂きます。 尚、8月の夏季休暇は、8月13日(月)から15日(水)までの3日間とさせて頂きます。 ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。
6月の休診日などに関して(2018年6月1日)
6月21日(水)から始まる今年度江東区民健診(健康調査)は、予約制とさせて頂きます。平日7時~9時と13時~15時。土曜日午後終日。日曜日7時~9時。12月までは同日午前1名、午後1名まで。採血と尿検査があるため直前の食抜きが必要です。宜しくお願い申し上げます。

又、スギ花粉症の新規舌下免疫療法開始も今月から可能となります。特に6月21日から新薬が販売開始となり、この薬の場合対象年齢がそれまでの12歳以降から5歳以降に引き下げられます。

6月の休診日は,1日.8日.15日.22日.29日の各金曜日と3日(日曜)と9日(土曜)とさせて頂きます。

また、13(水)の13時から15時は江東区医師会での産業医当番の業務があり、休診とさせて頂きますのでご注意願います。同日は午前診療と16時から再開致します。

今月のビーハッピー院内ベジタブルファームは、リーフレタスグリーン、ピノグリーン、スィートバジルです。こちらもどうぞお楽しみに。
花粉症治療に関して(2018年1月4日)
当院では花粉症治療も行っております。花粉症が悪化してから治療を始めると、お薬が効きづらく、症状もなかなか改善しません。花粉症でお悩みの方は花粉が飛来する前の初期療法が効果的です。尚、スギ花粉の舌下免疫療法は、1月以降の開始は出来ません。6月以降の開始となります。継続のみ可能です。

今年は花粉量が多く、既に症状の始まっている方がおられます。
どうぞ、おはやめにご相談下さい。
5月の休診日などに関して(2018年5月7日)
GWも終わり皆様は心身の休養や充電などはできましたでしょうか。夏日が続き熱中症対策が急務となっております。早めの水分補給や、暑さに慣れていない肌への紫外線対策を心がける必要がありそうです。5月20日前後に学校運動会が予定されているところが多く、その練習などでの発症が予想されます。その他、溶連菌感染症、胃腸炎、食中毒、水虫、水いぼなどが増えていきます。

今後の5月の休診日は、5月11日,18日,25日の各金曜日とさせて頂きます。

お待たせ致しましたがスタッフの陣容が整いましたので、5月7日月曜日より19時半まで受付の外来診療を再開致します。宜しくお願い申し上げます。それに伴いハイドロキノンクリーム、高濃度ビタミンC注射、ニンニク注射、プラセンタ注射の価格引き下げと、更年期障害の方の保険適応を開始致します。詳細は受付まで。

今月のビーハッピー院内ベジタブルファームは、ロメインレタス、サンチェ、スィートバジルです。こちらもどうぞお楽しみに。

尚、スギ花粉症の根本治療薬であるアレルゲン舌下免疫療法の新規の方の開始時期は6月以降となります。
GW中の診療日に関して(2018年4月11日)
4.5月のGW期間中の診療日に関しまして、お知らせいたします。
4月28日:土曜日:12時から19時までの受付、途中休憩時間あり
4月29日:昭和の日:日曜診療:7時から11時半まで受付
4月30日:月曜日:振替休日で休診
5月1日:火曜日:7時から15時までの受付、途中休憩時間あり
5月2日:水曜日:7時から15時までの受付、途中休憩時間あり
5月3日:憲法記念日:休診
5月4日:みどりの日:休診
5月5日:こどもの日:休診
5月6日:日曜日:7時から11時半まで受付
以上です。申し訳ございませんがご理解の程お願い申し上げます。

特に土曜日や日曜日の平均待ち時間が1時間以上となっております。ご迷惑をお掛けいたします。スタッフ一同、待ち時間が1分でも短くなるよう懸命に努力致して居りますのでご容赦の程お願い申し上げます。

5月7日以降の平日に関しましては、お待たせ致しましたが19時半まで受付の外来診療を再開致します。それに際し長らくご迷惑をお掛けした事でいくつかの新提案を開始させて頂きます。詳細は後日ご案内申し上げます。
4月の休診日などに関して(2018年4月1日)
ご進級、ご進学、ご就職をなされた皆様おめでとうございます。当院も開業して3年半を迎えることが出来ました。また、4月1日で医療法人社団ハッピーファーストとして1周年となります。今後共宜しくお願い申し上げます。気がつけば10850名の皆様にご利用頂き、心から感謝御礼申し上げます。まだまだ到らない点が多々あると思いますが、1人でも多くの方が、笑顔でビーハッピーとなれるようにスタッフ一同、たゆまぬ努力と精進を積み重ねてまいりたいと心新たに決意しております。

さて、4月の休診日ですが、6日,13日,20日,27日の各金曜日と、1日(日),7日(土), 30日(月)の振替休日とさせて頂きます。15日(日)は8時までの受付で、9時で診療終了とさせて頂きます。
平日は引き続き現在のところ15時の受付で終了とし、16時以降の部は臨時休診とさせて頂きます。スタッフの陣容が整い次第速やかに再開させて頂きます。

5月のGW中の診療日に関しましては、決定次第、なるべく早めにお知らせいたします。
3月の休診日などに関して(2018年3月1日)
3月の休診日は,現在のところ2日.9日.16日.23日.30日の各金曜日と、4日(日),10日(土)と20日〜22日とさせて頂きます。この他、5日(月)以降の平日は連日現在のところ15時の受付で終了とし、16時以降の部は臨時休診とさせて頂きます。この他、土日に関する変更も決定次第、速やかにご報告させて頂きます。

最近の患者さんの動向は、溶連菌感染症、ウイルス性感染性胃腸炎、インフルエンザAとB、花粉症患者さんなどが目立っております。特にインフルエンザはAとB両方にかかってしまった方が現在まで32名出ております。引き続きのうがいや手洗いの励行をお願い申し上げます。また、スギ花粉は症状が出ている様なら、お近くの医療機関をご受診下さい。

肺炎球菌ワクチン今年度対象者(今年度中に5の倍数の誕生日に当たる方)は、3月31日までとなっておりますので、期限に気をつけお早めにおうち下さい。

今月のビーハッピー院内ベジタブルファームは、ワサビ菜、葉大根、リーフレタスグリーンです。こちらもどうぞお楽しみに。
2月の休診日などに関して(2018年2月1日)
2月の休診日は,2日,9日,16日,23日の各金曜日と、12(月)の振替休日とさせて頂きます。11(日)は日曜日扱いで診療を行います。

区民健診は2月20日までとなっておりますが、基本調査の今年度の予約枠は空きがなくなっており、受け付け終了とさせて頂いております。予約の必要のない検査のみお受けしております。
尚、不活化インフルエンザワクチン接種は終了しました。

例年ですと、インフルエンザとウイルス性感染性胃腸炎と花粉症が流行る月です。また、平均気温が最も低くなる月ですので、心筋梗塞や脳卒中などが多い季節でもあります。防寒対策とうがいの励行と加湿に取り組んで頂き、お体のケアをしっかりとお願い申し上げます。1人でも多くの皆様が、笑顔でいられるように、今後ともお手伝いさせていただきます。

今年度の江東区民健診(健康調査)は、予約制とさせて頂きます。平日7時~9時と13時~15時。土曜日午後終日。日曜日7時~9時。採血と尿検査があるため直前の食抜きが必要です。今年度の終了日は2月20日となっておりますが、当院での予約の受け付けは予約枠がいっぱいとなり現在終了しております。申し訳ございません。
ボンプラセンタリッチに関して(2017年12月10日)
プラセンタには、興味があっても、注射がどうしても苦手で、敬遠されていた方や、輸血が出来なくなるなど抵抗があった方も、内服のプラセンタなら安心ですよね。

この製品は2015年11月から発売開始された、御好評のボンプラセンタの増量された医療機関専売品であり、高品質国産プラセンタ純末を400mg使用しており、防腐剤は無添加です。

販売は、漢方薬トップブランドのクラシエ薬品株式会社が行っており、安心、安全、さらに高品質な製品です。

希望小売価格は、30日分で税抜き15000円ですが、当院の新患患者ID番号10,000名突破を記念して、本日以降他院では真似の出来ない価格でご提供いたします。ご興味ある方は、お問い合わせ下さい。

皮膚科医師がプラセンタ健康食品を勧める理由(皮膚科医へのランダムアンケート調査)
71%:アンチエイジング、40%:美白、31%疲労回復、31%シワ、23%たるみ、17%更年期障害、17%:体調不良など
小児の予防接種の時間枠撤廃に関して(2016年9月11日)
開院2周年の感謝を込めまして、16年10月1日以降小児の予防接種の時間枠を撤廃し、開院時間内ならいつでも可と致します。但し、看護師不在の時間帯は、不可とさせて頂きます。
尚、当面対象年齢は、1歳以上で、インフルエンザワクチン以外の予防接種は、全て事前予約制とさせて頂きます。そして、これに伴い院内に定数化していなかった以下のワクチンを最小単位で常備するように致します。
日本脳炎、MR,水痘、おたふく、DT2種混合のみ。この他は、受注時に業者に発注となりますので、お気をつけ下さい。
尚、日本脳炎ワクチンは全国的に供給不足の状態でしたが、2018年3月で回復傾向となりつつあります。現在(5月下旬)は、DTとMRと麻疹ワクチンが流通調整をされている模様ですので入手困難になっております。
平日の診療時間の延長に関してのご案内(2016年9月11日)
開院2周年の感謝を込めまして、16年10月3日月曜日以降、平日の夜間の診療受付時間を19時から若干延長し、19時30分までとさせて頂きます。
土日の診療時間の延長に関しての再案内(2015年10月6日)(追記:16年9月11日)
開院1周年の感謝を込めまして、昨年10月より、土曜日の診療時間は開始時間を1時間早めて12時から15時、及び16時から19時とさせて頂いております。
また、日曜日は7時から11時半までの30分の受付延長とさせて頂いております。それでも両日はかなりの混雑となりますので、時間に余裕を持ってお越し下さい。平均待合時間は、1時間位です。
超人気のプラセンタ注射に関して(2016年8月15日)
人気の高いプラセンタ注射ですが、当院では大手2社からの安定供給体制に取り組んでおります。人胎盤の供給が有限である事から、先週当院開院依頼初めての欠品が生じるという事態となっておりました。ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。しかし、今後ともこの様な問題が生じうる可能性がございますので、当日分のみお電話にて予約可能とさせて頂きます。高濃度ビタミンCなど事前に予約が必要なものとのセットでの希望者様に関しましては、その時点で優先的に確保させて頂きます。

 現在は安定供給しておりますのでご安心下さい。

また、クリニックでしか扱えない飲むプラセンタである当院一押しの、ボンプラセンタも大変好評で、注射より安全性が高く、即効性には劣るものの、連日飲む持続性により確実に効果が期待できます。こちらも他院は勿論、ネット通販より安いと密かに喜ばれております。
医療用制汗剤のお取り扱い開始(2017年4月11日)
これからの熱い季節がやってまいりますと、汗の匂いが気になる事もありますし、脇や手足の多汗症でお困りの方もいらっしゃると思います。
これらに対して有効な保険診療薬は、現在ございません。市販品を使用するか、当院でも調剤品を作製し使用して参りましたが、効果が今一つというところなのが現状でした。
そこで、今回デンマーク製の医療用制汗剤を導入致しました。脇用と手足用がございます。無香料で、1本で3ヶ月以上使用可能です。また、衣類への色移りはしません。こちらの製品は、効果持続期間が5日以上で、使用頻度は週1〜2回程度で、入浴後の効果も持続し、市販品の平均発汗抑制率が約25%で、効果持続時間が最大24時間かつ入浴後の効果無しと比較致しますと、こちらは驚異的な約65%となっております。
院内に製品パンフレットを置いてありますので、ご関心のある方はご覧下さい。
最近までの新たな取り組みに関して思いつくままに箇条書きで間単にご紹介致します。ようやくまとまった時間が取れましたので遅ればせながらご報告致します(2016年8月14日)
①院内レイアウトに関して:TVモニタの設置と共に院内メッセージ、サイネージシステム活用開始。また、ソフトバンクからペッパー君が遊びに来ています。少し置き場に困っています(内緒)。9月中に帰宅するとの事です(涙)。
②大人用ワクチンに関して、インフルエンザ、肺炎球菌ワクチンについで、50歳以上の方に帯状疱疹予防ワクチンが追加されました。長く続く慢性的な痛みが特徴的な病気です。当院では、いぜれも常備しております。予約不要です。
③しみ取りクリームの販売開始:メラニンを取り除く効果はビタミンCの10倍以上の効果を持つハイドロキノンですが、不安定で劣化しやすさが最大の欠点でした。その欠点を克服し、安定型徐放性ハイドロキノンとして製品化されたクリニックでしか扱えないクリームとなります。勿論、紫外線対策が必須となります。
④水いぼ対策:他クリニックで評判の40%硝酸銀溶液を準備いたしました。痛みはありませんが塗った後10分間安静が必要です。
⑤金属アレルギー検査:24種類の金属アレルギーを同時に検査できるパッチテストパネルを準備しております。24時間は、お風呂に入れませんが保健適応で出来る検査です。原因不明の繰り返すかぶれや湿疹はございませんか?
⑥骨粗しょう症治療:老人性認知症の原因として、そのきっかけになる病気が骨折です。骨粗しょう症のリスクを保健適応のレントゲンでチェックいたしましょう。その結果、上記疾患が認められたら、ビスフォスフォネート製剤を週に1度や月に1度早朝に内服している方も多いと思います。この煩わしさから開放される、半年に1度の皮下注射で済む保健適応注射薬を導入しております。毎月1度外来に通うよりも、半年間の通院治療費は安くなり、効果は今ある骨粗しょう症薬の中で最も高いといわれています。ご希望の方は、ご相談下さい。
⑦いびき、無呼吸でお困りの方:在宅1日で簡易検査が可能です。保健適応です。お心当たりの方はご相談下さい。また、一時的なご旅行の際など鼻腔挿入デバイス:ナステントクラシックを扱っております。お困りの際にはご相談下さい。
⑧エピペンの取り扱い開始:蜂毒や食物アレルギーに対する緊急救命自己注射薬を処方致します。
⑨アレルゲン免疫療法の開始:スギ花粉による季節性アレルギーとダニ抗原による通年性アレルギーに対して舌下にて減感作療法を施行して改善を目指す治療を、保健適応で行います。12歳以上で可能です。開始前に抗原の確認検査がまず必要となります。上記のアレルゲンにより、ひどい症状で悩まされている方はご検討下さい。
⑩9月より、保存期慢性腎臓病患者様用ESA治療(健保適応治療)の取り扱いを開始致します。2週もしくは4週に一度、ヘモグロビン濃度に見合ったESA製剤を注射させて頂きます。また、男性型脱毛症AGA遺伝子検査キットのお取り扱い(自費検査)を開始いたします。病気のなりやすさと、全国的に普及している治療薬(フェナステリド)の効きやすさを事前に同時にチェックすることが可能です。

アルツハイマー型認知症の血液検査に関して(2015年9月6日)
アルツハイマー型認知症は血液検査で、MRI検査などの画像検査より早期にチェックできる時代が到来いたしました。アルツハイマー型認知症のなりやすさを調べる遺伝子検査と、その前段階である軽度認知障害の状態にあるかどうかのリスク判定検査(MCIスクリーニング検査)を血液検査で各々検査出来ます(料金別)。詳細は割愛いたしますが、詳しい検査の内容は、お電話でお問い合わせ頂くか、当院院内にパンフレットなどを置いてありますので御覧下さい。

最近のトピックと新たな取り組みに関して(2015年4月6日)(追記:16年4月1日)
①ニンニク注射に関して:今まで2種類でしたが、ご要望に応え、更に強力なものを加え現在4種類としました。
②プラセンタ注射に関して:人気の高いプラセンタ注射ですが、安定供給体制に取り組んでおります。
③禁煙治療:新年度を迎えるに当たり今年こそ止めたいと考えている方、気楽に再チェレンジしてみませんか。男性は、慢性の咳やたん、煙草臭から開放され、高感度アップにつながり、女性も味覚障害ときれいな素肌を取り戻せますよ。16年4月以降35歳未満の方にも、保険診療の適応が拡大されました。
④成人肺炎球菌ワクチン:原則予約なしで、診療時間内ならいつでも接種可能といたします。但し、ワクチン切れの際にはご容赦下さい。
⑤にきび治療:今まで頑固で治りにくくあきらめていた方にも朗報です。新たな治療薬が、保健適応となりました。この機会に是非治療再開されることをお勧めします。デコルテや背中にも効果あり。
⑥腫瘍マーカー検査:人間ドックでも取り入れられているマーカー検査のお取り扱いを開始いたしました。約マーカー5種類の通常版(男女別)と、約10種類の特別版(男女別)を、ご用意いたしました。
⑦健康診断:健診結果を最短2日間でお渡しします。月曜日受けて水曜日お渡し。ただし、当院定休日や土日がはさまるともう少し延びます。出来次第、携帯などにご連絡いたします。
⑧男性更年期障害治療薬:このたび、男性ホルモン入りの軟膏を当院で取り扱うことにいたしました(要予約)。不妊治療中の男性にも、精子数や精子濃度上昇効果もあります。
⑨アルツハイマー型認知症は血液検査で早期にチェックできる時代が到来いたしました。アルツハイマー型認知症のなりやすさを調べる遺伝子検査とその前段階である軽度認知障害の状態にあるかどうかのリスク判定検査(MCIスクリーニング検査)を血液検査で各々検査出来ます(料金別)。詳細は割愛いたしますが、詳しい検査の内容は当院院内にパンフレットなどを置いてありますので御覧下さい。
(以上の内容等を16年4月1日現在のものに更新致しました。)
健康診断・区民検診を開始(2014年10月28日)(追記:15年11月30日)
江東区医師会の入会が認められ、保健所の許可がおり、本日より区民検診や健康診断、特殊検診などをお受けできるようになりました。
平日お忙しい方は、土日や平日早朝がおすすめです。ただし、日曜日の9時以降は患者さんで込み合っておりますので、お早めにいらしていただけると、待ち時間が少ないです。
最近、込み合ってまいりましたので、予約制に移行させていただきました。(追記:15年11月30日)

診療メニュー
  • 内科
  • 皮膚科
  • 一般小児科
  • 泌尿器科
  • 禁煙治療
  • ED治療
  • にんにく注射・プラセンタ注射
  • 高濃度ビタミンC注射
  • 予防接種
  • 健康診断・区民健診